COVID-19 新型コロナウイルスを防ぐ!宅配便や郵便物の受け取り方

コロナウイルスを防ぐ荷物の受け取り方

COVID-19(新型コロナウイルス)は物に付着した状態でも長い期間感染力が残ります。

そのため宅急便や郵便を受け取るときに注意が必要です。

こちらでは感染しないための荷物の受け取り方を紹介します。

物に付着したCOVID-19(新型コロナウイルス)が感染の原因となる

COVID-19(新型コロナウイルス)は、物に付着した状態でも24時間以上、場合によっては9日以上も感染力が残ったままです。

そうなると宅配便や郵便物などにコロナウイルスが付着していると感染の原因になってしまいます。

ですらコロナウイルスに感染しないためにも何らかの対策を取ることが大切です。

簡単にできる対策としては次のようなものがあります。

  • 荷物の箱は部屋の中に入れない
  • 荷物の箱を消毒する

受け取った荷物の箱は部屋の中に入れない

宅急便の荷物の箱は多くの人が触れます。

荷物を送ってくれた人、通販会社の人、運送会社の人など、多くの人が触ります。

触れる人が多いほど、その過程でコロナウイルスが付着してしまう可能性があります。

ですから荷物を受け取ったら、ダンボール箱などの一番外側の部分は部屋の中に入れないようにすることが大切です。

  • すぐに処分する
  • 家の外に置く
  • 玄関におく

すぐに処分する

すぐに処分できるならした方が良いです。

処分せずに近くに置いておくと、コロナウイルスがそこに存在していることになります。

COVID-19(新型コロナウイルス)は物に付着したままでも24時間以上、場合によっては9日以上も感染力が残ったままであると言われています。

置きっぱなしにしたダンボール箱に間違えて触れてしまうと、そこから感染してしまう可能性があります。

飛沫なら箱に着いたままですが、乾燥すると空気中に飛んでしまう可能性もあります。すると触れなくても感染してしまうかもしれません。

ですからなるべく早めに処分するようにしましょう。

資源回収に出す場合は消毒してから出すと、回収担当者が感染するリスクを減らせます。

家の外に置く

すぐに処分できないときは、家の外に置いておくと良いでしょう。

家の外と言っても、公道に置くという意味ではありません。

他人が知らずに触ってしまうと危険なので、自宅の庭などに置いておきましょう。

通常は他人が入ってこない場所ですね。そして家族にはそこに置いてあるものに触れないように伝えておきましょう。

玄関に置く

マンションやアパートなどの共同住宅の場合、外に置いておく場所がないこともありますよね。

そんなときは仕方がないので、玄関に置いておき、部屋の中に入れないようにしましょう。

ただ置いておくのではなく、消毒するようにしましょう。

すぐに処分する場合や、家の外に置く場合もなるべく消毒するのが望ましいです。

次に消毒について紹介します。

荷物の箱を消毒する

荷物を受け取ったときにはすぐに消毒するのが良いでしょう。

消毒すればコロナウイルスは不活性化し、感染するリスクがなくなります。

資源回収に出すときは消毒してから処分すれば、回収担当の人が感染するリスクを減らすことができます。

COVID-19(新型コロナウイルス)を消毒する方法

消毒用のアイテムとして、アルコール消毒液(消毒用エタノール)や次亜塩素酸水・次亜塩素酸ナトリウムなどがあります。

COVID-19の問題が起きてからアルコール消毒液はほとんど売ってないですよね。

もしアルコール消毒液が手に入っても、ダンボールの消毒に使うのはちょっともったいない気がします。

そこでおすすめなのが次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウムです。

コロナウイルスはエンベロープという膜を持っています。

アルコールはこのエンベロープを破壊しウイルスを不活性化させます。これがアルコールによる消毒の仕組みです。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸水ナトリウムもエンベロープを破壊し、ウイルスを不活性化させます。

アルコールは現在売り切れが続いていてなかなかてにはいりません。

そこで次亜塩素酸水や次亜塩素酸ナトリウムがおすすめです。しかもアルコールよりもかなりコスパが良いです。

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムの80倍の除菌効果があります。

次亜塩素酸水は有機物と反応するとすぐに水に戻るので安全性が高く、厚生労働省により食品添加物として認められています。

50ppmまで薄めると手や肌にも使えます。ただし、目に入ったり、吸い込んだりしないように注意しましょう。

アルコールが手に入らないときは、次亜塩素酸水を50ppmまで薄めて使うのがおすすめです。私も次亜塩素酸水を使っています。

次亜塩素酸水を使うときは、ダンボール箱がびしょびしょに濡れるくらいたっぷりと吹きかけることが大切です。

次亜塩素酸水はドラッグストアなどで売っていますが、2020年3月現在のところアルコールよりも手に入りやすいです。
2020年4月現在では次亜塩素酸水も売り切れていることが多いようですね。

私がいつも購入しているお店でも売り切れが続いて困りました。

それで替わりになるものがないかネットで探したところ、除菌水ジーアという次亜塩素酸水がありました。メーカー直販なので、手に入りやすいと思います。

除菌水ジーアも注文が殺到しているようで新規の受付を停止していましたが、2020年4月21日より再開されました。

次亜塩素酸水がなかなか手に入らないという方はチェックしてみてください。

除菌水ジーアの公式サイトを見る

ちなみに
オーケンウォーターは新型コロナウイルスの感染拡大防止のために多くの消毒用製品を提供したことで、2020年3月23日に丹波市長より表彰されています。

関連記事
こちらで除菌水ジーアについて詳しく解説しています。
除菌水ジーア除菌水ジーアの効果・料金・口コミは?|新型コロナウイルスで話題の次亜塩素酸水 参考 次亜塩素酸水の資料厚生労働省

次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダ)は、ハイターの成分です。

ハイターを薄めて消毒に使用することができます。

テレビなどでも紹介されているのでご存知の方も多いでしょう。

東京都感染症情報センターの資料に詳しい説明があるので、参考にしてください。

参考 新型コロナウイルス感染症 清掃消毒東京都感染症情報センター

次亜塩素酸ナトリウムは手の消毒には使えません。

次亜塩素酸ナトリウムは強いアルカリ性なので、肌のタンパク質が溶けるからです。

ハイターが手につくとヌルヌルするのは、肌のタンパク質が溶けているためです。

ですから次亜塩素酸ナトリウムは手などの消毒ではなく、物の消毒に使います。

宅配便のダンボール箱などの消毒に向いています。

また、次亜塩素酸ナトリウムは酸性のものと混ぜると有毒の塩素ガスが発生するので危険です。

トイレ用洗剤で「混ぜるな危険」と表示されているのはこの塩素ガスが発生するからです。

次亜塩素酸ナトリウムを使うときは、ゴム手袋で手を守り、吸い込まないようにマスクをすると良いでしょう。

花王によるとハイターを薄めて消毒した後は、水拭きするのが良いそうです。

ダンボール箱は捨てるから水拭きしなくても良いと思われるかもしれませんが、資源回収の担当者が触って手が荒れてしまうかもしれません。そう考えると捨てるものでもなるべく水拭きした方が良いでしょう。

参考 ウイルスが心配なので、「ハイター」「キッチンハイター」を薄めた液でドアの取っ手やノブを拭いたのですが、その後水拭きが必要なの?花王株式会社

荷物の中身にも注意

COVID-19(新型コロナウイルス)の怖いところは、活性化している期間が長いことです。

荷物のダンボールだけでなく、中に入っているものにもコロナウイルスが付着している可能性があります。

ですから、中身も消毒してから部屋の中に入れるのが良いです。

荷物を受け取るときはマスク・ゴーグルをする

コロナウイルスを防ぐためには、人と会うときにマスクやゴーグルをするようにしましょう。

宅配便や郵便を受け取るときも同様です。

配達してくれる人が感染していることもあるからです。

また逆に、自分が感染していたら配達してくれた人に移してしまう可能性があります。

マスクやゴーグルをするのがお互いのためになります。

2020年2月ころからマスクが売っていないという状態が続いていましたが、4月末現在では徐々に店頭に並ぶようになっているようです。

しかし、お住まいの地域によってはお店が自粛して閉まっていて買えないこともあるでしょう。そんなときはネット通販で買うのが便利です。私もマスクはネットで購入しています。

私がいつもチェックしていた感じでは、マスクについてはAmazonよりも楽天市場の方が買いやすいです。

Amazonは入荷すると1分もしないうちに売り切れます。楽天は各ショップが時間をずらしたり少しずつ販売しているので、大抵の場合購入できます。

楽天市場でマスクを探す

ヤマト運輸が非対面で受け取りできる

COVID-19への対応として、ヤマト運輸が非対面で受け取りできるようになっています。

ヤマト運輸ホームページの4月3日のお知らせに載っています。

ヤマト便の配達の方が来たら、インターホン等で希望する受け取り方法を伝えるとそのようにしてくれます。

例えば、玄関前に置いてもらうことができます。

これは在宅のときに限り利用できるサービスで、留守のときには利用できません。

通常は印鑑やサインをもらうところを、インターホンなどでやり取りすることで代替するからです。

私も先日利用しました。

インターホンで「マンションの部屋の前に置いてください」と伝えたところ、そのようにしてもらうことができました。

参考 新型コロナウイルス感染症への対応についてヤマト運輸

またクロネコメンバーズの方は、スマホ等からPUDOステーションで受け取りすることもできます。

Amazonは置き配がデフォルトに

COVID-19への対応として、Amazonでは置き配がデフォルトに変更されたようです。

ただし、オートロックのある集合住宅などは置き配できないことがあります。

私は宅配ボックスの無いマンションに住んでいます。

先日Amazonの配達の方(デリバリープロバイダ)が荷物を持ってきてくれました。

その際に、インターホンで「部屋の前に置いてくれませんか」とお願いしたところ、そのようにしてもらうことができました。

宅配ボックスの無いオートロックのマンションでも、在宅のときはオートロックを解除すれば部屋の前に置いてもらうことができます。

うちに来た配達の方の好意でそのようにしてくれたのかもしれませんが、お願いしてみると良いでしょう。

佐川急便の対応は?

佐川急便は受取時に電子サインをするシステムになっています。

新型コロナウイルスへの対応として、電子サインではなく伝票への押印やサインをするように変更されています。

ホームページを見たところ、クロネコヤマトのように玄関前に置いてくれるサービスは行っていないようです。

しかし、先日のことですが私の家に佐川急便の配達の方がいらしたので、インターホンで「部屋の前に置いてくれませんか」とお願いしたところ、そのようにしてもらうことができました。ハンコやサインもしていません。

佐川急便でもそのようなサービスを開始しているのかもしれないので、気になる方はお願いしてみると良いでしょう。

とりあえずお願いしてみる

私は荷物や郵便が来たときは、とりあえずインターホンで「部屋の前に置いてくれませんか」とお願いしています。

今は非常時ということもあり、大抵の場合はそのようにしてもらうことができます。

お互いに感染のリスクを減らすことができるので、とりあえずお願いするのがおすすめです。

荷物を受け取った後は手を洗う

荷物のダンボール箱にコロナウイルスが付着していると、受け取ったときに手に着いてしまう可能性があります。

荷物を受け取ったら、忘れずにハンドソープなどで手を洗いましょう。

他に出来ることは?

他にも出来ることがあるかもしれません。

例えば、手を洗うだけでなくシャワーを浴びて髪を洗う、うがいをするなど。

出来る限りのことをして、感染のリスクを下げるようにしましょう。

今回は宅配便や郵便について紹介しましたが、買い物してきたものも注意が必要です。

スーパーなどは多くの人が商品を手に取り、それを棚に戻したりします。その際にコロナウイルスが付着する可能性があります。

可能ならば買い物してきたものも消毒するのが良いです。

マスクを消毒して再利用

マスクがなかなか手に入らなくて困っている方も多いでしょう。

そんなときは次亜塩素酸水でマスクを消毒して再利用するのがおすすめ。

洗濯して再利用するのも良いですが、洗濯だとマスクが傷んでしまいます。

マスクの材質によっては、アルコールで消毒すると溶けて穴が大きくなることがあります。

参考資料

感染力が残る期間についての論文です。

参考 Persistence of coronaviruses on inanimate surfaces and their inactivation with biocidal agentsJournal of Hospital Infection

公開日:2020年3月28日