韓流ドラマ「太陽の末裔」(全16話版)の第1~3話のあらすじとネタバレ

太陽の末裔 全16話版と全24話版の違い

「太陽の末裔」は全16話のものと全24話のものがあります。

太陽の末裔は韓国で制作されたドラマです。韓国での放送時は全16話で放送さてました。

日本で放送されるときに1話あたりの時間の関係で全24話に編集されています。

1話あたりの時間が短くなり話数が増えていますが、内容はほぼ同じです。

こちらでは全16話版のあらすじを簡単に紹介しています。

太陽の末裔1話のあらすじとネタバレ

太陽の末裔の1話は、陸軍特殊戦司令部所属のシジンとデヨンが、休暇中に窃盗犯のギボムを捕まえるところから始まります。

怪我を負った彼を救急車に乗せますが、デヨンの携帯電話が盗まれてしまったことに気がつきます。

2人はギボムを追って病院へと向かい、シジンは病院で出会った医師に惹かれてしまいますが、しかしギボムを暴行した犯人だと疑われるのでした。

一方で軍医のミョンジュは病院を訪れるなり、恋人のデヨンに自分のことを避ける理由を問い質します。

デヨンはミョンジュに対し、気持ちが冷めたと告げるのですが、本当の気持ちは他のところにあるのでした。

果たして2人の関係の行方はどうなるのか、今後の展開が気になる第1話です。

太陽の末裔2話のあらすじとネタバレ

太陽の末裔2話では、シジンがモヨンにデートを申し込み、病院の屋上でヘリに乗り込みます。

ところがモヨンは夜空に飛び立つヘリを呆然と見送るのでした。

実はシジンはアフガニスタンに赴任することになり、そこで任務を遂行して韓国に戻ります。

モヨンとは約束通り映画館に足を運び、2人の時間を過ごそうとしますが、司令部に呼び出され再び任務に赴くことになるのでした。

モヨンは、軍人として忙しいシジンを受け入れることができず、短いながらも恋に終止符を打ちます。

8ヶ月が経過すると、シジンはウルクに派兵が決まり、一方のモヨンはヘソン病院の看板医師としてテレビで活躍しています。

2人は別々の道を歩み始め、異なる場所でそれぞれの人生を歩むのでした。

太陽の末裔3話のあらすじとネタバレ

太陽の末裔3話は、モヨンが医療奉仕団のリーダーとして派遣されたウルクで、モウル中隊が空港に降り立つのが始まりです。

そのモウル中隊の中隊長が何とシジンで、デヨンの計らいによりモヨンと2人で市内に向かうことになります。

シジンは帰りにボートを借り、モヨンを乗せて美しい海岸を見せるのでした。

ミョンジュは、父のユン中将に逆らって、医療班としてデヨンのいるウルクに赴任することとなります。

モヨンが勤めるメディキューブ野戦病院では、怪我をしたアラブ連盟の議長が運ばれてきたことで、事態が急展開を迎えます。

緊迫化する状況の中で、果たして事態を収束させることはできるのか、それが太陽の末裔の3話ラストの見どころです。