ストラッシュの脱毛の安全性について【子供や未成年、妊娠中や生理中も脱毛できる?】

ストラッシュの安全性

ストラッシュでは安全性の高いSHR脱毛を採用

ストラッシュでは最新理論のSHR脱毛を採用しています。

SHR脱毛は、光脱毛や医療レーザー脱毛と比べて安全性の高い方法です。

なぜかというと光脱毛や医療レーザー脱毛で照射する光よりも、SHR脱毛で照射する光は出力が弱いからです。

光脱毛や医療レーザー脱毛は黒い毛(メラニン色素)に反応する光を照射し、その熱により毛根を破壊したりダメージを与えます。

どのくらいの熱を与えるかと言うと、光脱毛では80℃程度、医療レーザー脱毛では200℃程度です。

そのため痛みがあり火傷や炎症などのリスクもあります。

それに対しSHR脱毛は毛根を破壊するのではなく、毛包のバルジ領域という部分に光を照射して脱毛します。

バルジ領域というのは発毛命令を出す部分で、その働きを止めることで発毛命令がでなくなり、ムダ毛が生えてこなくなります。

SHR脱毛で照射する光は約40~50℃で、ごく短時間に複数回照射するため、温かみを感じる程度で痛みがほぼありません。

このように光脱毛などと比べてSHR脱毛は安全性の高い脱毛方法なのです。

そのため顔脱毛では眉毛や眉間などのキワのキワまで処理でき、VIOでも粘膜ギリギリまで処理できます。

子供や未成年でも脱毛できる?

結論から言うと、ストラッシュでは子供や未成年でも脱毛することができます。

施術を受けるにあたり、年齢制限は設けられていません。

ただし、未成年者の場合は脱毛する上で条件が定められています。

それは、親権者の同伴および親権者同意書の提出が必要なことです。

キッズ脱毛の申し込みの流れ

STEP.1
お近くのサロンへ無料カウンセリングの予約をします。
STEP.2
お子様と親権者の方で一緒に来店します。
STEP.3
店舗にてカウンセリングを受けます。
STEP.4
プランの契約をします。

契約の際は保護者も一緒にカウンセリングを受け、その上で専用の同意書に必要事項を記入し提出する必要があります。

そこでようやく契約が成立します。

このようにストラッシュでは子供や未成年者に対しての施術に条件が設けられていますが、保護者の同意さえ得らればあとは通常通りの脱毛を受けることが可能です。

また、10歳以上の子供はキッズ割が適用され、学生は学生割引が適用されるので通常よりもお得な価格で施術が受けられます。

※キッズ割と学生割の併用はできません。

妊娠中でも脱毛できる?

ストラッシュでは、基本的に妊娠中に脱毛することはできません。

これは、施術自体が母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼすからではありません。

妊娠中は通常よりも肌が繊細な状態になっていることから、トラブルが起こりやすくなっているためです。

よって、ストラッシュでの脱毛期間中に妊娠していることがわかった場合は、その時点で店舗に申し出るようにしましょう。

その場合ストラッシュでは、通常の契約期間に加えて更に2年間、契約期限を延長してもらうことができます。

ただし店舗に申し出ないままでは延長してもらえないため、妊娠した場合は必ず申し出るようにしましょう。

ちなみにストラッシュでは、産後に脱毛を再開できるのは授乳完了後を目安にしています。

生理中は脱毛できる?

ストラッシュでは、生理中は基本的に脱毛することができるものの、VIOラインとヒップの脱毛に関しては受けることができません。

そのため、施術の予約を入れている日に生理が重なってしまった場合に脱毛してもらうことができるのは、VIOラインとヒップ以外の部位ということになります。

受けられなかったVIOラインとヒップに関しては、生理が終わってから施術に臨むようにしましょう。

ただし、人によっては生理中にホルモンバランスの乱れによって、通常よりも肌が敏感になり普段よりも脱毛の刺激を感じやすいこともあります。

生理中の脱毛に不安を感じることがあれば、自己判断や店舗スタッフに相談して脱毛の予約を取り直すのも良いでしょう。